シェアハウスを徹底解剖

シェアハウスをご存知ですか?

「テラスハウス」というリアリティ番組が流行してから、「シェアハウス」という住居の存在がクローズアップされるようになりました。番組タイトルは「テラスハウス」になっていますが、あれは厳密にいうと「シェアハウス」です。

あの番組をみてから、シェアハウスに憧れて「シェアハウスに住んでみたい」という人が増加しています。
やはり、ああやってテレビでシェアハウスでの生活を見ると、「シェアハウスで生活をしてみたい」という人が増えるのでしょう。
しかし、シェアハウスにいろいろな種類があるということはあまり良く知られていません。

まずは、シェアハウスの種類について解説をしてみたいと思います。

マンションの一室や一戸建て

わりと小規模のシェアハウスがこちらですね。
このタイプのシェアハウスは、「一般家庭」を思い浮かべると解りやすいと思います。
マンションや一戸建てに家族が住むように、部屋をシェアしながら住人が住む。これがマンションや一戸建てのシェアハウスの特徴です。

一般的やマンションやアパートをシェアすることから、家賃や光熱費の支払いが本当に少なくてすむ、ということが大きなメリット。おそらく、シェアハウスを連想する人のほとんどがこのタイプのシェアハウスを連想するのではないでしょうか。本当の家族の様な距離感で住むことができる、これが一番のメリットです。

しかし一方で、「他人同士が非常に近い距離で生活をシェアしなければならない」というデメリットもあり、中には「その距離感に耐えることができず、シェアハウスを出る」という人も。シェアハウスでの生活が肌にあえば非常に便利な存在になりますが、そうでなければ住むことが苦痛になるかもしれません。

鉄筋コンクリートマンション

「ソーシャルアパートメント」に近いのがこちらのシェアハウス。
それぞれの住人の個室は確保しつつ、お風呂やリビングと言った共有スペースのみをシェアします。

場所によっては、これらの共有スペースのほかにスポーツができるルームがあることも。それもかなり豪華なところが多いのでオススメです。

コンセプト型シェアハウス

住人のコンセプトが決まっているシェアハウスです。
例えば「男女共用」「外国人と一緒に住むことができる」「就職活動をしている最中」など、共通の目標を持っている人が住んでいます。共通の目的をもって生活をすることができることが、コンセプト型シェアハウス最大のメリットです。