シェアハウスの契約

Posted by share-house-manual-z | Posted in 共同生活について

シェアハウスに入るにも契約が必要です

シェアハウスに入るにも、きちんと「契約をすること」が必要です。
「きっと、賃貸物件を借りるよりもシェアハウスに入る方が楽だろう」と考える人がいますが、それは大きな間違い。

シェアハウスだからといって、契約が楽になるようなことはありません。
ここで、契約にはどの様なことが必要なのかをみていきましょう。

シェアハウスに入居するために、面接が必要なことも

シェアハウスに入居するには、年収などの入居審査が必要になります。
このあたりは、一般的な賃貸住宅と同じ条件になりますよね。

また、入居にあたって面接が必要になる場合もあります。シェアハウスとなると、やはりだれかと一緒に生活をすることになりますので、人間性も見られがちです。
特にシェアハウスを大きく展開している企業の場合「面接もある」ということがありますので、注意が必要です。

審査が緩いところには要注意

時々、シェアハウスにはとても審査が緩いところがあります。
でも、そういう審査が緩いところというのは「悪質なシェアハウスである」という可能性もありますので注意が必要です。最近問題になっているのが、「住宅として申請をしていない建物をシェアハウスとして使っているところもあり、こういうところは「住居として最低限の条件を満たしていない可能性がある」ので注意。

また、審査が緩いところだと入居している人の人間性が問われることもあります。何かのトラブルに巻き込まれないためにも、ある程度審査基準が高いところに入居する必要はあるのではないでしょうか。
また、あまりにも安いシェアハウスの場合は「ここは本当に正規のシェアハウスなのか」と疑ってみる必要もありそうです。

コンセプト型シェアハウスの選び方

コンセプト型シェアハウスの場合、入居する場合は旧居の基準を満たしていなければなりません。
例えば、「起業したい人のためのシェアハウス」の場合は「実際に起業をしていたり、起業を考えている人」出なければ入ることができません。

この様に、明確なコンセプトがある場合は「自分がそこコンセプトを満たしているかどうか」を考えなければなりません。もしこの条件を満たしていることができない場合、入ることは難しいので注意をしてください。シェアハウスに入りたいからと言って、誰もが簡単に入ることができるわけではないのです。
きちんと「自分の目的や夢にあったタイプのコンセプト型シェアハウスに住むことが大事」ということを頭に入れておきましょう。