シェアハウスで生活するための心構え

Posted by share-house-manual-z | Posted in 共同生活について

シェアハウスでの生活を快適にするには?

シェアハウスでの生活を快適にするには、どうしたら良いでしょうか?

誰かと一緒に生活をするためには、やはりそれなりの心構えが必要になります。
そんな「シェアハウスでの生活を快適にするための心構え」についてご説明しましょう。

理想を高く持ちすぎない

実際にシェアハウス生活をやってみて、「ダメだった」と途中でやめてしまった人の中には「シェアハウスに対して高い理想を持ちすぎていた」という人が少なくありません。
リアリティドラマ「テラスハウス」では非常に楽しそうな生活をしているのをみることができますが、実際の生活はあんな風にうまくいくとは限りません。癖のある住人がいることも事実ですし、住人と距離感があることも非常に多いです。

そんなこともあるので、最初からあまり理想を高く持ちすぎず「シェアハウス生活を美化しない」ということは大事ですね。あまりにもいいものだと思いすぎて、「やっぱり駄目だった」と思うことも少なくないので、そんなに簡単なものではないという覚悟が必要だと思います。

我慢をしないで話し合う

生活の中で「これはちょっと」とおもうことがあった時、我慢をせずにきちんと話し合いをすることが大事です。
そこで我慢をしてしまうと、どんどんイライラが降り積もって「もう一緒に生活できない!」とキレてしまうことも。
でも、そういうことは相手に伝えていかないと、相手には伝わりません。

「察してください」ではいつまでも解ってもらえないのです。そもそも、生活スタイルも何もかも異なる人が一緒に生活をするのですから、どこかで考え方の違いがあって当たり前です。そういうことをはっきり言える人がシェア生活を楽しめるということを考えなくてはなりません。

自分のことは自分でやる

シェア生活をしていると、つい誰かに頼りたくなってしまうことがありあす。
もちろん、助け合うことができるのもシェアハウスのメリットのひとつなのですが、それを当たり前にしないという心構えは必要なのではないでしょうか。

誰かに頼ることを当たり前にするのではなく、自分の生活は自分でやるということは本当に大切なことになります。
できるだけ「自分でやる」ということを癖にしておくといいでしょう。

適度な距離感

適度な距離感をもって人に接することが大事です。
相手の生活につっこみすぎないこと、プライベートには干渉しないことを心がけて下さい。
踏み込み過ぎると「鬱陶しい」と思われて、嫌われてしまう可能性があります。