下宿・寮とは

Posted by share-house-manual-z | Posted in 共同生活について

下宿と寮ってどう違うの?

学生に多くみられるのが「下宿」「寮」について。
大学生になると、自宅を出て下宿や寮生活を送る人が増えますよね。

大学に行くだけでもかなりのお金がかかるのに、その上賃貸物件で一人暮らしをすればお金がいくらあっても足りません。また、一人暮らしをさせると遊んでばかりで肝心の勉強が置いてきぼりになってしまう・・・そんなことを懸念した親御さんが、下宿や寮を選択するというケースが増えています。

しかし、下宿と寮というのは同じ様でまったく異なるもの。
この違いについてお話をしましょう。

寮について

普通のアパートやマンションが、学生向けに安くなっているタイプのものが「寮」です。
寮には必ず寮母さんなど「監視する人」がいて、門限が決まっていたり、お友達を呼ぶにはルールがあったりなどある程度の決まり事が必ずあります。一人一部屋ずつの寮もあれば、一つの部屋に二人入ることもあります。

食事も寮で準備してくれるところが多く、ご飯の心配をすることがないのが嬉しいですね。
ただし、寮の中には「入居期限」があるものも多く、一定の期間が過ぎると出て行って一人暮らしをしなければならないものも少なくありません。

そのことを考えると、寮に入っている間にアルバイトなどをして一人暮らしのための資金をためる必要が出てきます。中でも「留年をすると寮を出低下明ければならない」というケースはとても多いです。

下宿について

一般家庭の一室を間借りして生活することを「下宿」といいます。
寮は管理するのが寮母さんですが、下宿の場合はその家の家主のいう事をきかなければなりません。

このため、下宿の場合は寮よりもある程度家主さんと距離が近くなります。学生側にとっては「同居人に気を使う」「プライバシーが保てない」などデメリットを感じることも多いみたいですが、下宿だと困ったことがあったら何かと助けてもらえるし、地域のイベントなどにも参加できるので、その土地をより満喫できるというメリットも。

また、親にとっても「下宿だと、よりきちんと子供をも守ってもらえるので安心」というメリットがあります。下宿は多くのところで行われていますので、もし「下宿が良い」と考えている場合はぜひ探してみて下さい。

下宿と寮には大きな違いがあり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。
それぞれの特徴を頭に入れたうえで入居することができる様にしましょう。親御さんにとっては特にオススメなので、ぜひどちらのメリットも調べてみて下さい。