共同生活を題材にした作品紹介

Posted by share-house-manual-z | Posted in 共同生活について

共同生活はさまざまな作品の題材となっている

最近は共同生活としてのルームシェアやシェアハウスが話題となっています。
メディアで注目される新しいライフスタイルは必ずたくさんの作品のテーマとして取り上げられることが多いです。
特にテレビドラマや映画などでは、積極的に流行のライフスタイルをテーマにすることが多く、実際に共同生活をテーマとした作品が多数登場しています。

それらの作品の役割として、共同生活という新しい生活のスタイルを広く世間に知らしめることができるため、偏見や誤解を防ぐことができます。
作品を作っている人達は共同生活について詳しくリサーチをして、誤解がなく、正しい情報を伝えられるように努力しています。
そのため、共同生活を題材とした作品の中にはクオリティの高いものが多くて、視聴率が高かったり、多くの人達がファンとなった作品もあります。

それでは、共同生活を扱っている作品にはどのようなものがあるのかを紹介しましょう。

共同生活をテーマとした作品

まずフジテレビ系列で放送されていたラストフレンズというドラマはシェアハウスで生活をする若者たちにスポットを当てています。
長澤まさみや上野樹里、瑛太、水川あさみといった豪華キャストのもと人気ドラマとして話題になりました。
高視聴率を獲得して、多くのファンがいます。

現代を生きる若者たちの恋愛像を表現するために、社会問題化していることについても積極的に作品の中に取り入れています。
したがって、セックス恐怖症やDV、性同一障害といったものに対してもきちんと真正面から捉えています。
シェアハウスでは共同生活を送ることになるため、さまざまなトラブルが生じることもあります。

また、新しい出会いが生まれることもあり、ドラマとして脚色されている部分もありますが、共同生活がどのようなものであるのか、その雰囲気を感じ取ることができるでしょう。
他にも、フジテレビのドラマとしてRoom Of Kingという作品があります。
こちらはルームシェアを題材としたドラマです。

高級マンションを9人の住民がシェアすることになるのですが、それぞれの職業や容姿、性格などはバラバラとなっています。
そんな彼らの中から部屋の王であるRoom of Kingを決めることになったというのがあらすじです。

2002年に世界中で公開されたスパニッシュ・アパートメントという映画では、フランスを離れてバルセロナのアパートでルームシェアをして暮らすことになった人達の人間模様を描いています。
この映画をきっかけとしてフランスではルームシェアやシェアハウスでの生活にスポットが当てられるようになりました。

これからもシェアハウスで暮らしていく人達は増え続けていき、ドラマや小説、映画などの中に普通のライフスタイルとして登場していくことでしょう。
新しい生活の形態として定着しているのです。