一軒家のシェアハウス

Posted by master | Posted in 一軒家

ひとことでシェアハウス・ゲストハウスといってもいろいろな物件があります。
ルームシェアとシェアハウスってどう違うの?と思うかたも多いかもしれませんので、
簡単に説明しておきましょう。

ルームシェアとは知人や友人同士の数人で物件をシェアするもの。
人数がそれほど多くないので、アパートやマンションであることが多いようです。
それに対してシェアハウスは一軒家に複数人数で住むというもの。
ドラマのラストフレンズのように友人同士で一軒の家を借り上げる場合もあれば、
すでにシェアハウスとして不動産業者が管理している物件に入居する場合など、その形態はさまざまです。

ラストフレンズのシェアハウスの契約がどんなものだったのかは謎ですが、
業者が間に入っているような様子ではありませんでしたよね。
あの状況で誰か一人が出て行ったからといって、
まったく知らない人が同居人として入居できるとも思えませんし…。
そうした意味ではラストフレンズの登場人物の暮らしかたは
どちらかというとルームシェアに近いものがあるかもしれません。

日本ではまだまだ、普通の大家さんは結婚していない同棲中のカップルや友人同士に
家を貸すことは嫌がることが多いので友達同士でラストフレンズのような暮らし方をしたい!と
思ったら、シェアハウスを専門に扱っている不動産業者に相談してみるのが手っ取り早い方法でしょう。

実際にはどんなシェアハウスがあるのでしょうか。
まず、シェアハウスの特徴から紹介していきます。
共同スペースはキッチンやバスルームといった水回りとリビングルームになります。
それ以外にそれぞれに個室があり、たいていの場合ベッドやクローゼットなどの
家具付きで貸し出されることが多いようです。

入居する側のメリットはまず、家賃が安く済むこと。
単身者用のマンションやアパートの家賃よりもずっと安い金額で、広い家に住むことができます。
また、リビングルームなどで入居者同士コミュニケーションを図ることができるため、孤独感がありません。
地方から就職や進学で上京してきたため、まだこちらに友達がいない…という人も、
シェアハウスで同居人がいれば心強いですよね。女性の場合は特に防犯面でもお勧めです。

また、シェアハウスは契約が簡単で外国人の旅行者・中長期滞在者の入居者も多いため、
英語をはじめとした国際交流ができるというメリットもあります。

次に気になるのはドラマ・ラストフレンズのようなおしゃれな物件が本当にあるのか?ということ。
結論から言うと、あります。
が、ドラマのような豪華な邸宅をシェアハウスとして利用するとしたら、
個々が負担する家賃が高くなりすぎてシェアするメリットがなくなるのではないか…と思います。
実際にシェアハウスとして利用されている賃貸物件を見ると、
築年数が古く、広い物件でなかなか個人では借り手が見つからないような物件の内部を
リフォームして使いやすくしているところがほとんどです。

面白いなと思うのが、入居者を一般的な家族を対象に探す場合は不利になりかねない古い物件でも、
シェアハウスとして貸し出すとそれが「レトロ」としてウケるということ。
特に外国人は昔ながらの日本家屋を好むため、古い物件でも水回りなどがきちんと
リフォームされていればそちらのほうがいい!というリクエストも多いくらいなんです。
シェアハウスは入居者だけではなく、実は大家さんにとってもメリットの多い選択であると言えるのです。