シェアハウス経営のメリット

Posted by share-house-manual-z | Posted in シェアハウスの運営・経営

一つの物件に多くの入居者を集められる

シェアハウスを運営するなら、通常のアパートやマンション経営とは違うメリットがあります。
たとえ一戸建てのシェアハウスだとしても、そこには多数の入居者が入ることとなりますので、多くの家賃収入を得られます。
そして部屋数だけの家賃を得ることが出来、ワンルームのアパートが家賃5万円なら3LDKのアパートでは15万円の家賃というわけにはいきません。
しかしこれがシェアハウスならワンルーム5万円なら3LDKのアパートに3部屋作れば15万円の家賃が得られます。

空室率を抑えることも出来、通常のアパートならその一度退去するとその部屋は空室となり家賃を得ることは出来ません。
しかし、シェアハウスなら一つの物件に何人もの入居者がいますので、たとえ1人退去したとしても他の人から家賃を得られます。
もしも小さな物件で家賃を多く得ようと思うなら、シェアハウスにした方がメリットが多いです。

コンセプトを決めれば入居者も集まりやすい

シェアハウスに住みたいと思うような方は、安い家賃のところを求めている、他の人との交流をしたい、すぐに入居できるところを探しているなどのニーズがあります。
特に最近は家賃を払うのも大変だと言う人が、さらに安い家賃を求めてシェアハウスに来る場合もあります。
需要も多くシェアハウスを必要としている人も多いので、入居者も集めやすいです。

そしてコンセプトをさらに明確にするとそれを求めてやってくる人もいます。
猫と暮らせるようにする、ガーデニングが出来るようにする、ネイティブな人がいて英会話を学べるなど、このような特定の人を対象としたコンセプトのあるシェアハウスにすると入居者は集まりやすいです。

シェアハウスは臨機応変に使うことも出来ますので、色々と対応も出来ます。
たとえば一つの部屋をオーナーの部屋として使う、またはビジネスホテル代わりとして一時的に使うなどの使い方もあり、通常のアパートやマンションとは違う使い方が出来るのも魅力的です。

そしてもしもあなたが運営したいと思うなら、アパートのように1から建てる必要もなく、すでにある一軒家などを改装して複数の部屋を作っていけば良いので、さほど初期費用もかかりません。
すでにある物件の一軒家などを使えばよいので、わざわざ土地を買ってそこに物件を造るという大がかりなことも必要なく、そのようなことからも初期費用は抑えられます。
不動産経営を始めるなら、どれぐらい入居者が集まるかは未知数なので、出来るだけ初期投資費用は抑えられた方がリスクは少なくて済みます。
そのことからも、低リスクで不動産経営を始めたいならシェアハウスが良いでしょう。