シェアハウス投資

Posted by share-house-manual-z | Posted in シェアハウスの運営・経営

利益率が高い

シェアハウスを運営して投資するとなると、一般的なアパートなどに比べると利益率が高い物件です。
一つの物件に多くの部屋を作って、そこに部屋数だけの入居者を確保できますので、入居者分の家賃が手に入ります。
最近では貸倉庫などを無理矢理シェアハウスにした脱法シェアハウスもありますが、このような物件は法律ギリギリの範囲です。

そして多くの方が運営する場合は、最初からシェアハウスとして物件を建てるのではなく、中古の戸建てを購入したり、借りたりしてそこをシェアハウスに改築して運営しています。
もしも中古物件を購入したなら、その物件はあなたの持ち物となり、その物件へ投資して利益を回収していくこととなります。

投資して利益を得るまでには、物件のリフォームや入居者の募集、家具などの購入ということが必要ですが、これも何でも良いのでやればよいというわけではありません。
そのシェアハウスのコンセプトにあったリフォームや家具の購入が必要であり、コンセプトを活かしたシェアハウス作りが必要です。
そうして完成したシェアハウスが、いよいよ運営することとなり、そこに入居者が集まっていけば、利益を得ていき、いずれは投資資金以上の利益を回収していくのです。

運営ノウハウ

シェアハウスを運営してたことがないなら、やはりまず初めはどこかの運営ノウハウを持っている会社に委託した方が無難です。
もちろん委託費用はかかりますが、自分で運営するよりは成功率は高いです。
物件管理を委託すれば、あなたは管理する必要がほとんどなく、管理の手間が省けます。

もしも管理ノウハウのある会社に委託すれば、入居者も集めやすくなりますので、シェアハウスの空室率も抑えることが出来ます。
入居者が長く滞在してくれるかどうかは、そのシェアハウスでの住み心地にかかっており、住人同士のコミュニティが円滑にいっているほど、入居者も退去しにくいです。
運営管理ノウハウによって、入居者への対応やルール作りなどをすることによって、トラブルも少なくなり入居者が快適に暮らせます。

このノウハウは入居者が集まってからばかりでなく、物件を決めてリフォームするときにも必要であり、低コストでリフォームできれば良く、またコンセプトがあるならそれにあわせたリフォームも必要です。
そのようなことからもこれらのノウハウがあるような会社に委託した方が、シェアハウス運営は成功しやすいです。
ただし運営会社に管理を委託するとなると、通常のアパート管理よりも高い管理費を取られます。
その管理費は一般物件の4倍ほどだといわれており、運営を委託するならこの高い費用を払ってもペイできるかどうか考えなければいけません。