シェアハウス運営の秘訣

Posted by share-house-manual-z | Posted in シェアハウスの運営・経営

入居者が快適に暮らせるかどうか

シェアハウスを運営していって家賃収入を長く得ようと思うなら、入居者がどれだけそのシェアハウスに住んでくれるかがポイントです。
これはシェアハウスの内装などのデザイン、駅などの利便性、回りの環境、家賃がどれぐらいかというものもありますが、やはりポイントは快適に暮らせるかどうかです。

このことはシェアハウスの住人のその人のみの問題ではなく、シェアハウスに住んでいるその他の人達との関係が良好に築けるかどうかにかかります。
他人と言うことであり、シェアハウスは特に盗難や喧嘩が多い場所です。
そんなところで毎日盗難や喧嘩があっては、住んでいる人はすぐにシェアハウスを出て行こうと思うでしょう。
そのようなことを防ぐためには、かならずルールを作らないとならず、それを入居者全員が守ることが大切です。

シェアハウスを運営するときに、入居者を募集する段階ですでにルールを決めておき、入居希望者が来たら契約するときにはルールを見せて、それに同意してもらうようにします。
このようにすることで、入居者はルールのある秩序あるシェアハウスの中で生活でき、それ故に他の入居者とも良好な関係が築きやすいです。

意外なトラブル

シェアハウスでは、お金や物を盗まれた、相手の意見が気にくわなくて口論になるということもありますが、その他のトラブルも多いです。
誰かが食事を作ったらその匂いが強くて不快に思う、朝目覚ましが大きくてうるさい、夜中帰ってきたときのドアを開け閉めする音がうるさい、などがあります。
このようなトラブルは運営者でもある程度予想できるでしょう。

しかしながらシェアハウスの形は色々あり、意外なトラブルも多いです。
例えば、入居者同士で備品は気づいた人が補充するように決めたけど自分ばかりが補充する事になって嫌になった、長くシェアハウスに住んでいる人がお局さんおような感じで権力を持っているなどのようなこともあります。
シェアハウスを運営すれば、入居者が集まってきたような最初に起きるようなトラブルもありますが、長く運営していると住人が長く住むということでのトラブルも起きます。

シェアハウスというのは、最初から家具や冷蔵庫など必要な生活用品は配置されているような物件が多く、そのために入居者は体一つで手軽に入居できます。
家賃も比較的安いということもありますので、シェアハウスはとても入居しやすい物件といえます。
しかしながら言い換えれば、体一つで手軽に入居できると言うことは、退去したいときはいつでも退去できるということであり、退去しやすい物件という特徴もあるのです。
そこでルールを作ることで快適に暮らしもらい、長く住んでもらうようにするのです。