シェアハウス経営のはじめかた

Posted by share-house-manual-z | Posted in シェアハウスの運営・経営

物件を所有するか借りるか

シェアハウス経営を始めるとしたら物件を借りるか、自分で所有するかの2択です。
どちらの方法でも初期費用はそれなりにかかりますが、現在の日本のシェアハウスを見ると、物件を借りて運営している人の方が多いです。

しかしながら通常の不動産物件と違い、驚くほど安い初期費用です。
もしもどこかの物件を借りるとなると、賃貸費用で月50万円前後、各部屋への鍵の取付けやリフォームや家具の購入で100万円ほどが必要です。
これは最低限のリフォームしかしない場合であり、部屋数を増やしたりするならさらに費用はかかります。

もしも物件を購入してそれをシェアハウスにするなら、地方なら数十万円から100万円前後で中古戸建てが販売されていますので、それを購入してリフォームするだけです。
ただし配管や壁が腐っているようなたたき売りの物件を買うと、数百万円の修繕費がかかります。

多くの方の場合は、最初からシェアハウスとして物件を建てるのではなく、中古物件を購入してリフォームや改築して、それをシェアハウスとして運営する場合が多いです。
そして運営したいと思うなら、物件探しであり、田舎の中古戸建ては安いですが、よほどのコンセプトがないと人が集まりません。
逆に都会の中古戸建ては高いですが、人は集まりやすいです。

物件を探す場合は、不動産屋を一つずつ回るか、住宅情報サイトを見て探すのが良いでしょう。
もしもシェアハウス運営が初めてであり、ノウハウが分からないというなら、運営をサポートするような会社と相談しながら行った方が成功しやすいです。

運営開始までの道のり

運営開始までの道のりは以下のようになってますが、運営しようと思ったならまずは資金はいくら用意できるか確認すべきです。
少なくとも最低限でも200万円ほどの初期費用はかかり、場合によっては思わぬ所に費用を使わなければいけないとなり、それ以上の出費もあります。
そのときにお金が用意できないとなると、今までの準備が全て無駄になります。

1、まずは物件を探すまたはコンセプトを決める
シェアハウスのコンセプトを決めてから、それにあいそうな物件を探して改築する。
または物件を探してから、その物件で出来るコンセプトを決めていくとうことをまずは行います。
物件かコンセプトかこれはどちらが先でも構いません。

2、入居者を募集する
シェアハウスとコンセプトが完成したら、今度は入居者募集です。
住宅情報サイトで募集しても良いですが、シェアハウス専用の募集サイトで探した方が入居者は見つかりやすいです。

3、運営開始
入居者が見つかり入居が完了したら、いよいよ運営開始です。
時には入居者同士のトラブルや相談もありますので、そのような事にも随時対処していきましょう。