一戸建てタイプは意外と生活費がかかる

シェアハウスと言えば大きなマンションや一戸建てで数名と一緒に暮らしていくスタイルですが、実は一戸建てなどの大きな家でシェア生活をすると、意外と生活費が飛んでいきます。

そもそもシェアハウスを始める目的は、人と一緒に暮らすことで生活費を抑えることが出来るという点です。

簡単に言えば貧乏から脱出するために、人と一緒に暮らして自分の生活水準を上げていこうという考えをもってシェアハウス生活を送るのです。

それが人と一緒に暮らしているのにもかかわらず、一人暮らしの時と同じコストがかかってしまうのは避けておきたいところでしょう。

アパート型シェアハウス

アパートのシェアハウスにしてみると普通のマンションや一戸建てよりも、格安に抑えることができるので魅力的です。
とにかくアパートのメリットは家賃が安いことが大きな特徴です。どれだけ高くても2DK位の広さで8万円くらいが相場ですね。

一人暮らしのワンルームでも、家賃が6~7万円するのに一人頭4万円程度でしたら、何とか定収入でも暮らしていくことができるのではないかと思います。
それにアパートで暮らしているとマンションで生活を送ってきた時とあまり変わらないことに気が付きます。

アパートだからキッチンが狭いとかお風呂がついていないということもありません。

それに今どきのアパートは料理がしやすいキッチンが備え付けられていますし、お風呂やトイレなども最新の設備が整えられているので、昔のアパート暮らしを想像している人は一度アパートの物件を見せてもらうと昔とは異なる綺麗さにびっくりするのではないかと思います。

プライベートも守れる

2つ部屋があるアパートでしたら、しっかりとプライベートを守ることだってできますし、部屋が狭いので電気の契約もマンションよりもワンランク下げても問題なく快適に過ごすことができるので、光熱費なども抑えることができるでしょう。

同じ広さでしたら家賃が高いマンションよりも、安くてコンパクトに生活を送ることができるアパートでシェアハウスを送っているほうが、生活費を相当安く抑えることができるし、低所得でもしっかりと貯金をしていくことができるので、早く貧乏から脱出することができるのではないかと思います。

2人でシェアハウスを考えている人は、まずアパートの物件から巡ってみるのはいかがでしょうか?

低予算で快適な生活を送れる物件を見つけることができるかもしれませんし、思っている以上に穴場物件を見つけることができるかもしれません。

カテゴリー: アパート