古民家でシェア生活を送ってみたい、田舎暮らしをしてみたいと思っても、本格的に引っ越す前にどんなものか様子を見てみたいと思いませんか。
そんなとき、便利なのが週末を利用して参加できる体験コースです。

例えば、古民家での生活を試してみたいかたにお勧めの体験宿をいくつかご紹介します。

黒部市農村文化伝承館 山本家

江戸時代末期に建築された築140年といわれる古民家で、当時から残るかまどを使った食事作りや薪割りなどを体験できます。

高校生以上の宿泊は1050円。

住所:富山県黒部市宇奈月町明日670
TEL 0765−65−2038

貸切・温泉古民家 彩里

伊豆にある古民家を利用した宿。
2〜3泊から利用可能で1泊6100円から。
こちらも囲炉裏や磨きこまれた木の廊下、縁側の残る趣のある古民家を貸切で楽しむことができます。
囲炉裏で魚を焼いたり、冬場は鍋料理をすることも可能。
滞在中はオーナーの方が自ら栽培したお米を用意してくださるそうです。
お風呂は普通の家族風呂のようにキレイに整備されていますが、温泉を引き込んでいます。

住所:静岡県伊豆市原保119−1
0558−83−5550

伯太文化伝承館のどか村

自炊&宿泊は1泊3000円。
田舎料理・野菜収穫・餅つきの体験などができるプランもあり。事前に予約が必要です。

大正時代に建築されたというこの民家には太い木の梁、桐天井などが当時の様子そのままに再現されています。なんと漬物小屋まで残されています。
そしてなんとお風呂は五右衛門風呂!
これはなんとしてでも体験しておきたいものです。
過疎化と住民の高齢化が進む中、地元の活性化事業として始まった古民家民宿です。

住所:島根県安来市伯太町上十年畑宇丹波403
TEL0854-38-0194

古民家だけではなく、もう少し設備の整ったペンションでも田舎暮らしを体験できるところがいくつもあります。

ペンション 赤い屋根

都心からもアクセスの良い信州ビーナスライン白樺湖から数分。
地産地消を心がけているというオーナーの料理は春は山菜、夏は手作りの野菜、秋はきのこをふんだんに使って、精米したてのお米とともに供されます。
夏は昆虫採集や野菜収穫の体験もできるので、子供連れの夏休みにもぴったり。
宿泊料金が大人1泊2食で年間を通して一律8800円という料金も利用しやすい理由のひとつ。

住所:長野県小県郡長和町大門姫木平

ペンション 八ヶ岳自然ヒュッテ

2007年5月に田舎暮らしに憧れたオーナーによってオープンされた新しいペンション。
山菜料理やトレッキング、キノコ狩りなどの自然体験が楽しめるペンション。
このペンションの特徴は田舎暮らしに関するアドバイスをオーナーから受けることができること。
田舎暮らしをするにあたり、オーナーはいろいろな地方を検討されたそうですが、その中でも一番よかったのがこの八ヶ岳だったのだそうです。
「田舎暮らし体験パック」として1泊2食8500円で将来的に八ヶ岳に住んでみたい!
という人に向けて町を案内してくれたり、不動産屋さんを紹介してくれるというプランも用意しています。

住所:山梨県北杜市高根町長沢2451-72
TEL0551-47-4886

カテゴリー: 一軒家