共同生活で心がけること

引き続きシェアハウスで共同生活をするにあたって心がけておきたいことをあげていきます。

共用スペースは整理整頓・清潔にしておくシェアハウスの共用スペースにはキッチン、リビングまたはラウンジ、トイレやシャワールーム・お風呂場といった水回りがあります。
ちょっと長くなりますが、例に倣って追って説明していきたいと思います。

シャワールームやお風呂場

まず、最初に水回り。水回りは特に清潔を心がけ、使用後は乾燥させるようにしましょう。
窓がある場合は使用後、窓を開けておくのを忘れずに。
シャワールームやお風呂場も後に使う人が良い感じになれるように使えるようにしておきたいもの。
女性は髪の毛のゴミ、シャンプーやクレンジングの空のケースなどを置いておいたままにしにしないように気をつけましょう。
お風呂場は使った後、熱いお湯でさっと流し、
さらにそのあと冷水をかけておけばカビが発生してしまうことなんかをしていくことができます。

トイレ

トイレも同様にきれいにしておきましょう。家のトイレが汚いなんて、最大のストレスです。
同居人に男性がいるばあいも、トイレはキレイに使うように徹底してもらいましょう。
簡単なのは水を流す部分に置くだけで、きたないものがつきにくくなる洗剤を利用すること。
コレを使うだけで汚れがつきにくくなるので、あとあとの掃除がとてもラクに。

シェアハウスとは言え、友達が遊びにきたときにトイレが汚かったりしたら、恥ずかしいですよね。
私も一度、恋愛の面でいいなぁなんておもってる方と思っていた男性の部屋に遊びに行った時、トイレがあまりにも汚くてそのまま用をたさずに出てきていしまったことがあります。

キッチンが汚いのもイヤですが、トイレが汚いのは最悪です。
たとえそれが男性の部屋だとしても、人間性が垣間見えるような気がしませんか?

自分の部屋のトイレもキレイにできない人が、仕事をバリバリしてると思いますか?

彼女を大事にしてってなんてことがあると思いますか?

もちろん、その彼とはそれっきり2人で遊びにいくことなんてことはありませんでした。
少し話がそれてしまいましたが、そのくらい清潔にしておくことって、大切なことなんです。

女性がいるシェアハウスならなおさらのこと、トイレはきれいにしておきましょうね。

キッチン

生ごみは水をよく切って捨てる、ゴミは必ず収集日に出すようにしましょう。
わたしが使った食器は流しにためておいたりせず、その都度きちんと洗って拭いて、しまうクセをつけましょう。

シェアハウスのキッチンには食器や電子レンジ、炊飯器などの調理用具が揃っているところがほとんどなので、自炊も楽しくなるに違いありません。料理なんて作ったことないし…。
というかたも、周りの同居人が作っているのを手伝っているうちに、自分でも料理してみたくなるかもしれません。

リビングやラウンジ

リビングやラウンジなどには個人のものを置きっぱなしにしないこと。
雑誌やチラシ類など、皆が見るようなものでも、こまめに整理して処分するようにしましょう。
また場所をとる大きな荷物は自分の部屋に置くようにし共用部で場所をとらないようにしなくてはいけません。

カテゴリー: おもしろ宿