物件の探し方

ではルームシェアできるマンションの賃貸物件を探す場合、どうやって探せばよいのでしょうか。

最近では不動産会社の賃貸物件を検索できるサイトでもルームシェアできる物件をまとめて紹介しているページを設けているところも多いようです。

「2人入居可能」という条件で検索してみると、都内は意外に件数がヒットします。

やはりこうした物件や学生や単身者などの若い人が多い町のほうが簡単に見つけられるようです。以前は家族以外の人間が同居することに抵抗を覚える大家さんがほとんどだったことを考えると、日本の住宅事情もずいぶん変わってきたんだなあと感じます。

最初から2人で入居できる物件を探して、イチからルームシェアできれば、さまざまなルールも自分たちで構築できるので、自分が思い描いていたかたちに近いルームシェアができるかもしれません。

また、こうした不動産業者のサイト以外にもミクシィやルームメイトを募集するサイトも増えていますので、こうしたサイトで物件を探すという手もあります。

何度かメールなどでやりとりしていれば、相手の人となりも見えてくるので、自分が共同生活をしていけそうな相手かどうか、チェックすることもできそうです。

経営者が個人の場合もある

広いマンションに住んでいる個人の方が空き部屋を貸しているケースもあり、運営会社を通すよりも家賃が安いところもあるようです。

そのようなケースでは、東急東横線沿線のマンションなど、高級住宅地に安く住めるケースもあります。
こうした個人が貸している物件は運営会社が介在する物件に比べると、設備が整っていなかったり、家具も自分で用意しなければならないところもあります。

しかし、最近では、こうしたルームシェアの需要が増えているため大家さんも設備を充実させようと努力しているところもあるようです。

なんだか昔で言う「下宿部屋あります」みたいな雰囲気になってきますが、人間関係が希薄になりがちな現代の日本における、いい意味での懐古趣味ともとれるかもしれません。

UR都市機構?!

最近ではUR都市機構(かつての住宅公団)がハウスシェアリング制度というものを設け、友達同士で住むことのできる物件を用意しています。

公団?と眉をひそめるかたもいるかもしれませんが見た目は普通のマンションと変わりありません。
逆にUR都市機構の公団ならではのメリットもたくさんあります。

UR都市機構の物件なら、礼金や手数料、更新料などもいりませんし、退去時の原状回復などにかかる費用も非常に明確なので「悪徳大家かも…。」なんていう心配がないのもいいところです。

社会人はもちろん、学生のかたでも親御さんが契約名義人になれば、入居することもできます。
もともとファミリー向けの物件でもあるため、お風呂やリビング、キッチンなどの備え付けの設備も充実しているところがたくさんあります。

耐震のためのリフォームなどもきちんと行われているので安心して住むことができる物件ばかりです。

UR都市機構の物件には確かに築年数の古いものもありますが、昔からあるだけに駅の近くだったりと立地条件のよいところも多いので、丹念に探してみる価値はありそうです。

カテゴリー: マンション